地震対策をする|地震を予測することで自分の身を守ることができる!

予測できない地震から身を守るための準備をしよう

地震対策をする

地震被害

地震に備える

今では、地震予測の研究も進んでいます。しかし、未だに100%地震を予測、予知できるわけではありません。だからこそ、地震に備えた行動と準備をしておく必要があります。地震に備える方法としては、保存食や飲料水のストック、懐中電灯や軍手などの地震で役に立つアイテムを家に用意しておくといいでしょう。

住宅でできること

住宅で地震を対策するために、まずは家具の配置、家具の固定について考えておくといいでしょう。家具の配置、固定を見直しだけでも、地震から身に起こるリスクを下げることができます。特に、食器が入った棚やガラスでできた棚などは倒れた際に飛散する恐れがあるので配置する場所には注意が必要です。

震度とマグニチュードの違い

地震が発生したとき、地震の規模を測る単位として震度とマグニチュードが使わています。震度は地震が発生した後に生まれる揺れの強さを表す単位です。一方、マグニチュードは地震の全体的な規模を測る単位になります。

地震に関連する疑問

プレートとは何?

地震が発生する原因であるプレートの正体は、地球の内部に存在している岩石の集合体である岩盤になります。このプレートは地球のあちこちに存在していて、形としては厚さ10㎞から100㎞の板状のもとになります。

プレートは世界にどれぐらいあるの?

現在、世界で確認されている大きなプレートは10個ほどになります。その中でも、特に大きなプレートである、北アメリカプレート、ユーラシアプレート、太平洋プレートなどが代表的でしょう。

津波と風波って何?

地震や台風が発生する時に、津波や風波も同時に発生することも多いです。そして、この津波と風波には違いがあります。津波は水位が上がった状態で数分程度、高い波のまま続く現象で、風波は水位は上がるものの数秒ほどで元の水位に下がる現象を指します。

震度とマグニチュードは比例する?

地震は震度とマグニチュードによって、地震の規模や強さを把握することができます。当然、規模が大きければ震度とマグニチュードが比例することは多いです。しかし、震度とマグニチュードは必ずしも比例するとは限りません。

広告募集中